曖昧LOG

何も考えずに生きがちだからこそ、せめて日々の記録は残していきたい。

引越しを契機に、一度ものすごい赤字をたたき出してからすっかりやる気をなくしていた家計簿ですが、もうそろそろ収支も落ち着いた頃だろうと、ものすごく久しぶりにきちんと締めてみました。(なんと8カ月ぶり)
夫婦共無事にボーナスを頂け、更に年末調整でいつもより手取りが多かったため、どうやったって黒字着地だろうという安心感からの行動です。
202112
そしてそんな我が家の12月の支出入はこんな感じに。手取り100万越えたくせになぜ30万強しか残らないのか…バカみたい…不思議…。
原因として考えられるのは、私が産休に入る前に可能な限りローン関係を清算しきりたいという思いから夫の資格取得にかかった教育ローンを一括返還したことと、あとはシンプルに年末で浮かれた私たちがアウトレットモールで散財したことの二つかと思います。この二つで40万弱は経済市場に帰って行きました。
引越してきてから大体月にかかる生活費が25万円強だったので、合計65万円強。上記二つ以外は特筆することもなく…。

教育ローンに追加して、自動車ローンの一括返還も今月行いました。

20211202
グラフにするとこんな感じ。引越しをすると家賃もかなり高くなるため固定費がものすごく増えるんだろうなぁと考えていたのですが、固定費が増大すると同時になぜか食費が下がった(おそらく田舎に引っ越してUberEatsの頻度がかなり下がった)のに加え、去年は私が妊娠したため車で遠出することがなくなり、ETC代やガソリン費が掛からなくなったため、実はそんなに月にかかる負担が増えることはありませんでした。
とはいっても、今年から出産育児に向けてマンション近くの駐車場を契約したため、固定費がさらに増える予定…。2022年はしっかりと気と財布の紐を引き締めていきたい所存でございます。(毎月言ってる気がする)
PXL_20220114_032112549
そろそろ、あなたの三種混合ワクチンの時期ですねぇ~

【ランキングに参加しています】
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村

日々の出来事ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

去年転職に成功した夫の職場は、平均年齢が比較的若めなこともあるのか非常に風通しが良く、定期的にOJT面談が実施されています。先日も定期面談があり、そこで「育休の取得権利」について資料の提示と説明が行われたらしく、要望等あれば今月中にでもまとめて提出するよう指示を受けたとのことでした。
「もしあなたの希望する期間等あれば、僕はその通りに提出するよ」とありがたいお言葉を夫から頂戴したため、この機会は逃せないぞ、と急遽家族会議を開催することに。
000789715_page-0003
出典:厚生労働省 パンフレットPDF「育児・介護休業法 改正ポイントのご案内」

そもそも男性の育休制度に関してよく理解していない我々ですが、会社から貰った資料を読み込んだところ、どうやらタイミング良く今年から男性育休の制度が色々と改定されるらしく、近々の法改定は今年の4月1日から施行される模様。「男性育休の周知及び取得意向確認」が中小・大企業問わずに義務化されるという内容らしく、出産予定日が今年の5月である我が家も、これに該当したようでした。
さらに10月1日からは既存の育休制度に加え、子どもの出生直後から8週間までの間に最大4週間の「男性版産休」のような制度が新設されると同時に育休の分割取得が認めれるようになるため、つまり結構な回数の育休を取得できるようになるとのこと。我が家は残念ながら「なんちゃって男性版産休」は適用外ですが、10月1日以降であれば、夫婦同時に育休取得(夫は再取得)できるようになる…と私は解釈しました。(もしかしたら間違えてるかも)
フムフム、大雑把ながら男性育休の制度内容に関しては理解できた…として、実際問題夫の助太刀が必要となる期間がいつからなのか、そしていつまでなのかが皆目見当つきません。周りに聞いてみようにもあまり有益な情報は得られず…新生児の性格(?)によると言われると返す言葉がないんだなぁ。
色々考えてみた結果、我が家は「現行法の育休制度で出生直後から1か月間+10月1日以降で妻が限界を感じているようなら再度育休取得(取得期間未定)」という取得の仕方を要望として出すことにします。
sajif_page-0001
我が子の状態は実際問題生まれてきてからしか判断できませんが、恐らく霞が関のエリート達が寄せ集まってわざわざ「男性版産休」なるものを新設するということは、「出生直後から2か月間」がかなり辛い状況になるんだとデータだかなんだかが示した結果と予想しました。あとはこれに、都度テレワークとかをちょいちょいと挟ませて貰えればなんとか乗り切れるんじゃないかしら…。

夫婦同時に休業状態になることに金銭的な不安感がないかと言われると否定はできませんが、「夫婦仲が良いことが一番経済的」という我が大学の恩師の言葉を胸に、耐え忍ぼうかと思います。

【ランキングに参加しています】
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村

日々の出来事ランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

2022年を迎え、今年初めに「妊娠22週の壁」を越えた辺りから安心感が多少出てきたためか、ベビー用品を買いそろえたい欲求がどうにも止まりません。Youtubeやブログ等で購入品紹介を観漁っては、楽天やアマゾンでポチっとしそうになり、その都度夫から「まだ早い」とストップが掛かります。
マタニティハイにも近い衝動と新春セールが重なったことも相まって、逐一止めてくる夫に対して逆ギレをかます始末。そんなに買いたいなら事前報告せずにこっそり買えよと我ながら思うのですが、それでも報告してしまうあたり、恐らく無意識化ではどこかで止めて欲しい私がいるのかもしれません。

しかしながら、少しでもこの衝動を発散させないといつかすごい物を勝手に購入してしまうのではないかという恐怖心から、巷で有名な「アカチャンホンポ」と「西松屋」のプレママ特典(無料サンプルセット詰め合わせ)を貰いに行ってきました。普段ならばよっぽどのことがない限りサービスカウンターに行くことなんてないのですが、物欲に囚われている私に怖いものなどありません。現時点ではベビー用品購入は夫ブロックが発動するため、どうせなにも店頭で買わないにも関わらず、特典受取りのためだけにお店に出陣です。
PXL_20220110_022844728
アカチャンホンポで頂いた特典は、A4サイズの布製バックにぎっちぎちに詰められていました。色んなブログ等で拝見していたものと全く同じ柄で、「これネットで見たやつー!」と感動が押し寄せます。
ちなみに私はアプリをダウンロードして事前に会員登録を済ませていたためか、アプリの画面を指示通りに見せるだけで、用紙に何かを記入することなく特典を受け取れました。
PXL_20220110_023041995
バックの中身は以下の通りでした。
・各メーカーの試供品おむつ(新生児用) 1枚入 or 5枚入
・PB おしりふき(現品) 90枚入
・ピジョン 母乳パッドの試供品 2枚入
・ママ&キッズ 化粧品サンプル
・マタニティロゼットキーホルダー
・各種プレミアムクーポン、おむつ引換券
・情報冊子数種類
ムーニーのナチュラルオーガニックコットンおむつに関しては、試供品ですが5枚も入っていてなかなかの存在感。アカチャンホンポのPBであるおしりふきはもともとセット内容には入っていなかったっぽいのですが、窓口で対応してくださった店員さんが「これ結構人気商品なんですよ~」とついでにカバンの中に押し込んでくれました。現品はすごくありがたい。
後は、大物(ベビーカー等)購入時にのみ使えるクーポンやらなんやら頂けたのですが、その中に当日限りのポイント10倍クーポンも入っていたので、もし大型用品買う予定がある方は、その際に購入した方が確実にお得になるかと思います。我が家は案の定夫ブロックが発動しましたので、当日限りクーポンはただの紙となりました。

店頭で色々な赤ちゃん用品を実際に見て触れて、更に想い(物欲)の昂った私はアカチャンホンポで特典を頂いたその足で、さらに西松屋にも向かいます。物欲モンスターは止まりません。
PXL_20220110_023205624
アカチャンホンポとは違い、サービスカウンター=レジカウンターのような作りになっている西松屋は、何も商品を持っていない私からすると少し申し訳なさを感じます。(結局後ろめたさに打ち勝てずマタニティ用品を買いました。)
特典の受け取り方としては事前にアプリをDLして会員登録をしておき、アプリ内の特典ページ画面を見せると店舗番号などを教えてもらえるのでその番号をその場で入力、という流れでした。
そうこうして頂けたサンプルセットの中身はこんな感じで全てが西松屋のPBでした。
・PB 紙おむつ(新生児用) 3枚入
・PB ベビー綿棒 20本入
・PB 母乳パッド 6枚入
・PB おしりふき(現品) 80枚入
・PB 馬油保湿クリーム 
・情報冊子
PB商品だからか、一つ一つのお試し枚数が多い気がしてちょっと得した気分にすらなります。

店舗を見てまわった感じでは、ベビーカーやベッド等大物用品はアカチャンホンポの方が品ぞろえが良いですが、肌着や服などは圧倒的に西松屋の方が品数が多い印象でした。我が家にとっては西松屋の方が通いやすい立地にあるため、日常的に行けて都合が良さそう。(あとシンプルに色々安い)
ベビー用品がサンプルですが少し手に入って妻はニコニコ、無料で多少なりとも妻の物欲が発散されたと夫もニコニコの大変ありがたいサンプルセット達でございました。

Amazonもベビザラスもサンプルセットがあるらしいので、次はそれらを狙っています。私の強欲は留まるところを知りません。

【ランキングに参加しています】
にほんブログ村 その他日記ブログ 日々のできごとへ
にほんブログ村

日々の出来事ランキング
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ